新宿 税理士法人:マエサワ税理士法人

認定経営革新等支援機関 (20121122関東第52号及び関財金1第1059号)

事務所案内

事務所案内

マエサワ税理士法人の創業は1973(昭和48)年、小さな事務所からスタートしました。
おかげさまで現在では、700社近い顧問先様に支えられて、約50名のスタッフを擁するまでになっています。

この間、私たちはオイルショックを経て、バブル経済とその崩壊、リーマンショック、東日本大震災などさまざまな出来事に出合ってきました。そして今、経済のグローバル化の名の下で産業構造は大きな変化を遂げ、30年前に約65%を占めていた第2次産業は、今や約25%まで縮小しています。
また、同時にサービス業の割合が増えたこともあり、中小企業の生産性は、ずっと横這いという状況です。全国の法人約270万~280万社のうちの約75%が赤字決算という現状を鑑みても、私たちの顧客である中小企業の業績は総じて芳しい状態とは言えません。

こうした中で私たちがここまで成長できたのは、第一にお客様に恵まれたことがあげられます。一方で、そのお客様のご要望を超えるべく、私たちも努力を続け、単なる帳簿をまとめる仕事に留まらず、お客様の潜在的なニーズを発掘し、経営判断に役立つ情報の提供を一貫して目指してきました。いかにして利益を出していくかと知恵を絞るお客様に対して、私たちの立場でできる限りの支援をしていこうと考えてきたわけです。

2012(平成24)年3月で金融円滑化法が終了し、新たな中小企業支援策として、中小企業経営力強化支援法が成立しました。私たちは、この法律に基づいて「経営革新等支援機関」としての認定を受けています。中小企業の経営を積極的に支援するため、今まで以上に私たちにできることは何かということを真剣に考え、実行していきたいと考えています。

マエサワ税理士法人の経営理念には「雄大な人間コンビナートを形成する」という一節があります。

コンビナートとは異業種が集まって総合力を発揮する仕掛けのことです。私の唱える人間コンビナートとは、税理士法人の力だけでなく、弁護士や金融機関など、さまざまな異業種の専門家たちとのコラボレーションによって、お客様の抱える問題を包括的に解決していくことを意図しています。
この考えを新人からベテランまで全スタッフに徹底し、税理士法人に求められる以上のサービスを提供することで、お客様と共に成長していく存在でありたいという熱い想いを抱いています。

今後とも益々のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Return Top