新宿 税理士法人:マエサワ税理士法人

先輩スタッフの声3

先輩スタッフの声3

入社の決め手

整った環境と高い意識

学生の頃から数字が好きで、会計士をめざしていました。また、「人の役に立ち、感謝される仕事がしたい」という思いもありました。

就職の合同説明会でマエサワ税理士法人の存在を知り、税理士資格の有無で人を測るのではなく「経営者の役に立ちたい」という気持ちを重視してくれる会社であることに、大きな魅力を感じました。

面接で事務所を訪れた際、まず驚いたのは社員から一斉に「いらっしゃいませ」と挨拶されたことです。オフィスも整理整頓が行き届いていて、仕事への姿勢と社員一人ひとりの意識の高さを感じ、こういうところで上をめざしていきたいと、入社を決めました。

仕事のやりがい、会社の雰囲気

実践的な研修を通じてお客様の役に立つ

マエサワ税理士法人では、社員全員が自然な向上心をもっています。

毎週月曜日に行われる「月曜研修」は、経営者思考を学ぶことを主軸に、上司や先輩の仕事のやり方、話し方を通してリアルな対応を学べる実践的な研修です。会長や理事長の実体験から、社員それぞれが自分の意見や感想を発表する場も設けられていて、実際に経営者と対峙した時のトレーニングにもなっています。こうした場があることで、自ら学び考える意識が自然に高まるのではないかと思います。

現在、法人個人のお客様20件を担当していますが、前沢会長がよくいう「税務会計を入口出口としたお客様の儲けに役立つ提案」を意識して、月次決算や年次決算の仕事だけでなく、現状の経営改善や、経営者の方がまだ気づいていない不安要因の改善提案など、数字を通じてお客様の儲けのお役に立てるような提案もさせていただいています。

我々のコンサルはどちらかと言えば成果物のない仕事なので、お客様が報酬を払いたいと思ってくれるような提案の仕方が重要になります。上司や先輩から生きた情報を学び、お客様に還元することで、喜ばれて報酬もいただける──、こんなやりがいのある仕事は他にはないと思います。

この仕事に向いている人

想像力と好奇心を抱き、相手の役に立てるよう努力できる人

この仕事に必要なのは、単純に数字に強いことではなく、努力を厭わないこと、そして想像力と好奇心をもつことだと思います。

税や法律に関する勉強を続けていくことはもちろんですが、相手が報酬を払おうという気持ちになれるよう、いかに相手の役に立つことができるかを考え、努力できる人がこの仕事に向いていると思います。

相手の気持ちを想像し、苦手なことや知らないことにも積極的に興味をもって関われることも大事な点だと思います。

私は今、税理士の資格取得をめざして勉強中です。会長からはいつも「大きな器を持ちなさい」と言われています。相手より広く高く深く物事を考え、相手を包んであげられるような大きな人間力を身につけることで、安心して話を聞いてもらえるような器に成長していきたいと頑張っています。

Return Top